fc2ブログ

虫歯奮闘記

右脳で描く系のサイトを見てると、どうも右脳を使って描くというか
右脳を使って物体を把握することが大切っぽいと感じた今日この頃
こんばんは、右脳で物を見る練習中のあきなべです。

■虫歯奮闘記その1
~前回のあらすじ~
以前治療した虫歯が再発した、手遅れになる前に速やかに殲滅、除去せよ。
ということで、さっそく近所で評判の歯医者に行ってきました
いやぁ、さすが評判の歯医者ですね
まずは診察の予約を入れようと電話したら
受付のお姉さんに「担当医の希望はありますか?」とか聞かれて焦った
名前知らないしっ、つか何人も居るのか!?
今まで通ってたところは一人だけで、選択の余地も無かったのに・・・
で、朝一で予約が取れたのでさっそく噂の歯医者へGO
行く途中交差点を一本間違えて道に迷ったのは内緒だっ
海老名は道分かりにくいんだよ・・・
それでもなんとか5分前に到着
で、いざ院内に入ってみると妙に小ぢんまりとしてる印象を受ける
治療スペースを広く取ってるのかな?
なんて考えながらスリッパを探すと、見慣れない機械が・・・
なんじゃこりゃ・・・とマジマジと見つめていると、受付のお姉さんが
ボタンを押してスリッパを取り出してくださいね
と、苦笑しながら説明してくれる
あれ、俺っておのぼりさん?;
しばしのカルチャーショックを味わいつつ、初診なので色々とアンケート用紙に書き込みながら名前を呼ばれるのを待つこと数分
通された先は4、5台の診察台がある、見た目ごくごく普通の歯科院
明るめな雰囲気で割りと好感触
程なくして若そうな男の先生が来たので、症状を説明して診察してもらうこと数分
おもむろに手を止めた先生から衝撃の発言がっ

「あ~、これは抜いたほうがいいね」

( ・ω・)
固まる俺

先生曰く、虫歯の歯よりも親知らずの方が問題があるのだとか
左奥の一箇所だけ、半年くらい前から頭を見せてた親知らず
頭を出した位置が歯並びと同じ位置だったから、普通にこのまま生えるのかと思っていたら
実は歯茎に対して真横に生えていた罠
このまま生やすと歯と歯茎の隙間から入り込んだ汚れが、歯茎の奥のほうまで入り込んでしまうらしい
ついでに、右奥にも頭は出ていないが同じく真横に生えた親知らずが・・・
こっちも頭が出てきたら抜いちゃった方がいいね~ってそんなにこやかに言わないでっ(ノ∀`)
そんな訳で、虫歯の治療が終わったら紹介状を書いてもらって
総合病院で抜歯することに決定
心置きなく物が食べれるのはまだまだ先になりそうだ・・・

虫歯も虫歯で、何気に神経ギリギリまで削られてて下手したらこっちも抜歯する必要があったとか
早期治療の大切さを思い知るなぁ・・・ゾッとする話じゃ;
個人的な感想としては
神経に近いからという理由で麻酔を打ってもらったり(今までの場所はずっと痛みに堪えてた;)
どういう風に悪いからどう治療して、どうすれば再発を防げるかとか
ちゃんと分かりやすく説明してくれたりと
評判なのが納得できるような病院でした
これでスリッパマシーンがもっと分かりやすければっ

スポンサーサイト



2007年06月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する


無料カウンター